交通事故・示談テクニックと保険活用術

損をしない示談交渉、加害者・被害者のための知恵をご紹介します。

示談にも時効がある!治療が長期化したら途中で協定書を!

示談にも時効がある!治療が長期化したら途中で協定書を!

Hさんは交通事故でむち打ち症になり、一年以上入院、その後二年近く通院していますがまだ完全に治っていません。ある交通事故に関する本で、完全に治療が終わってから賠償額を決めたほうがよいと出ていたので、示談もまだ始めていません。 このようなケースでは、場合によっては賠償金をとれなくなる恐れがあります。交通事故の時効は3年だか...

示談は早期に、しかし被害の全体がはっきりするまで待て!

示談は早期に、しかし被害の全体がはっきりするまで待て!

示談とは、交通事故がおこった場合、被害者と加害者が、損害賠償の金額や支払い方法について、直接、話し合って解決することをいいます。法律上は、民法695条に定める和解契約の一種と解されています。 示談は裁判や調停に比べ、迅速かつ簡単な手続きで、賠償金を取得できるため、交通事故がおこった場合、示談によって解決をはかるケースが...

Return Top