交通事故・示談テクニックと保険活用術

損をしない示談交渉、加害者・被害者のための知恵をご紹介します。

交通事故のあと当事者同士でうかつに文書をやりとりをすると大損する!

交通事故のあと当事者同士でうかつに文書をやりとりをすると大損する!

文書のやりとりは慎重にしたい。文書にサインかハンコが押してあると、その文書は、その人の意思に基づいて真正に成立したものと推定される(民事訴訟法三二六条)。推定されるとは、その文書が真正でない、つまり「偽造だと主張するほうが、偽造文書であることを確実な証拠をもって立証しなければならない」を意味している。 だから、少なくと...

Return Top