交通事故・示談テクニックと保険活用術

損をしない示談交渉、加害者・被害者のための知恵をご紹介します。

勝訴しても、賠償金より訴訟費用が高くついたのではつまらない!

勝訴しても、賠償金より訴訟費用が高くついたのではつまらない!

交通事故にあい、示談交渉したものの、妥結点が見つからず、裁判へ。その結果、ついに勝ち、「パンザイ」「ヤッタ」と思いきや、賠償金より、訴訟費用のほうが多かったでは、なんのため、裁判でがんばったのか、わかりません。このような例は、実際にもかなりあります。 弁護士に払う手数料が高くついた、 自分で訴訟したものの賠償請求額がき...

「訴訟」は自分ひとりですることも可能! 知っておきたい「訴訟」の方法

「訴訟」は自分ひとりですることも可能! 知っておきたい「訴訟」の方法

調停が不調なら、あとは訴訟にもちこむしかありません。訴訟は訴状を裁判所に提出することによって効力を生じます。訴訟する場合は、自分で訴訟をするのか、弁護士に依頼するか決めておくこと。 日本の裁判所は、本人訴訟がタテマエですから自分で訴訟することもできます。しかし、証明方法、訴訟手続に不慣れなため、もし相手に弁護士がついて...

判決が出るまでの治療費や生活費に困ったら「仮処分」を申請せよ!

判決が出るまでの治療費や生活費に困ったら「仮処分」を申請せよ!

交通事故で重傷を負い、長期療養を余儀なくされた場合、家族構成や経済力によっては治療費や生活費をどうするかが問題になります。通常は、自賠責保険の被害者請求や任意自動車保険の内払い、あるいは社会保険給付や生活保護を受けたりします。ただし、それによって、十分、まかなえるというケースはむしろ、まれです。 そこで、加害者に早く賠...

示談でこじれたら、訴訟のまえに「調停」という方法がある!

示談でこじれたら、訴訟のまえに「調停」という方法がある!

内容証明郵便で催告しても加害者が誠意をみせない場合は、簡易裁判所に調停を申し立てます。調停は、和解や訴訟と共に、民事の争いを解決する方法の一つです。当事者がお互いゆずり合って、条理にかない、実情に即した解決を図ることを目的にした民事上の手続きで、原則として調停委員会が行います。 調停委員会は通常、裁判官一名と社会経験豊...

あとのことを考えて「催告書」を内容証明郵便で送りつけよ!

あとのことを考えて「催告書」を内容証明郵便で送りつけよ!

Oさんは、車にはねられて重傷を負い入院中です。そこで、Oさんの息子さんが、損害賠償請求を行いました。しかし、加害者は、交渉には応じたものの、こちらの要求に対し、ノラリクラリとして誠意をみせません。 このように、相手が誠意を見せない場合は、簡易裁判所に対し、調停を申し立てるべきですが、その前に、後々の訴訟のことを考えて内...

Return Top