交通事故・示談テクニックと保険活用術

損をしない示談交渉、加害者・被害者のための知恵をご紹介します。

Read Article

交通事故で相手が死亡してしまった際の損害賠償請求は誰に行う?

交通事故で相手が死亡してしまった際の損害賠償請求は誰に行う?かんじんの本人、つまり事故の当事者本人が死んでしまっているときは、誰を相手にしたらよいのだろうか。

事故の当事者本人が加害者の場合は、被害者に対して損害賠償義務を負い、被害者の場合は、加害者に対して損害賠償請求権を行使できる

本人が死んでしまった場合、相続という制度で、死んだ人の生前の権利と義務は、そっくり相続人にひきつがれることになる。だから加害者本人が死んでしまった場合には、被害者は加害者の相続人を相手どって損害賠償の請求をする。被害者本人が死んでしまった場合には、被害者の相続人が加害者を相手どって損害賠償の請求をする。

本人と相続人とは、法律的に同一人格とみなされる。法律で相続人として認められるのは、

  1. 配偶者
    配偶者というのは、夫婦の一方のことで、夫からみた妻、妻からみた夫をいう。配偶者はつねに相続人になる。夫が死んだ場合は妻が、妻が死んだ場合には夫が、それぞれ相続人になる。しかし夫婦でも内縁関係の夫婦は相続権がない。どんなに仲むつまじく、長い間暮らしていても籍に入っていなければダメである。
  2. 子供(子供がいなければ孫)子供もつねに相続人になる。子供がいないでその子、つまり孫しかいなければ孫が相続人となる。子とか孫のことを、直系卑属と呼んでいる。

相続人が一人でなく複数いる場合には、その複数の相続人がとりあえず共同で相続する。これを共同相続人と呼んでいる。例えば、なくなった被害者Aさんに奥さんと子供が二人いたとする。この三人は法律上の相続人(法定相続人)ということで、とりあえず三人が共同相続の形で、Aさんの権利と義務をうけつぐ(相続する)ことになる。

したがって、この三人が加害者Bに対して損害賠償の請求権を共同で行使することができる。加害者Bさんが死んだ場合も理屈は同じだ。Bさんの法定相続人に対してAさんは損害賠償を請求すればよい。

前のAさんが死んだ例で、もし子供がいなくて奥さんだけの場合は、Aさんに父母が生存していれば、その父母、父母もいなければ、Aさんの兄弟姉妹が相続人として加わってくる。奥さんがいなくて、子供だけの場合は単純で、誰も加わらず、子供たちだけが相続人となる。

相続人が誰かは、戸籍を調べればするわかる。しかし厳密にいうと、戸籍はずっと遡って取りよせないと、全相続人は明らかにならない。とんだところに隠し子がいたりするからだ。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top