交通事故・示談テクニックと保険活用術

損をしない示談交渉、加害者・被害者のための知恵をご紹介します。

Read Article

交通事故の損害査定額をもっと引き上げるテクニック!

交通事故の損害査定額をもっと引き上げるテクニック!「ボクは、一億円も対人保険に入っているから、まず安心」というセリフは一面正しいが、事故を起こした場合、必ずしも保険内で円満解決という保証にはならない。

自動車保険は損害保険の一種だから、生命保険などとはちがって、損害査定という作業が必要になる。保険金の一億円というのは、あくまで限度額であって、事故があったら、文句なしに一億円でるというわけではないのである。せっかく一億円もの高額保険に入っていても、損害査定の結果その10分の1のわずか1000万円ということだってあるのである。

さて損害査定は、すべての自動車保険に共通の問題だが、特に深刻なのは、対人賠償責任保険の査定である。対人保険は、強制と任意の二本立てになっていることは、これまでたびたび触れてきたが、強制保険のほうは、共同調査事務所というところで、共通の査定要綱にしたがって査定をしている。

調査事務所は各保険会社から査定マンを派遣しており、査定要綱というマニュアルにしたがって損害査定をやるので、特にバラツキはない。またバラツキがあってはうまくない。ところが任意保険のほうになると、一定のマニュアルに基づいて査定してはいるものの、このマニュアルは公開されず、また強制保険とちがって「営業としての保険」としての性格からして、保険会社によって、損害査定の額に微妙な差がでてくる。そこで、査定額そのものにさまざまな思惑がからみ、いろいろな問題が発生してくる。

まず、事故の被害者側からみると、加害者のほうでタップリ保険に入っていれば、なおのこと、保険金をたくさん出してもらえるものと期待する。加害者としても、その点では同じだ。せっかく多額の保険に入っているのだから、できれば、被害者の満足のいくようなお金が保険からでて、円満に事件を解決したい。

ところが、保険会社の査定額が予想していた額より、かなり下まわったとしよう。それで示談をと加害者側からもちかけても、被害者としては予期に反した低い額なので、おいそれとは応じない。加害者や保険会社に、「もう少し、なんとかならないか」ともちかける。保険会社のほうでは、このことを予期して、最初の額をきり出しているから、「では、フンパツしてあと20万円だけオンしましょう」などという。営業政策上ギリギリの線になれば、「もう、これ以上はダメです」と強い態度に出ることがある。その金額をのんで示談にしたくない場合、調停や裁判という方法に訴えるしかない。

裁判がイヤな場合には『自動車事故紛争処理センター』に問題を持ちこむのも大きな手段だ。ただしやり方を間違えると全く効果がないので、これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」などを参照していただき慎重に進めていただくのがよいだろう。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top