交通事故・示談テクニックと保険活用術

損をしない示談交渉、加害者・被害者のための知恵をご紹介します。

Read Article

強制保険と任意保険を同じ保険会社にしておくと交通事故時の手続きがスムーズ!

強制保険と任意保険を同じ保険会社にしておくと交通事故時の手続きがスムーズ!クルマ同士の事故だと、当然、強制保険は双方のクルマとも入っているハズである。また、車両保険や、対物賠償保険などの任意保険にも入っている可能性がある。そのさい、最も合理的な解決法は保険会社をうまく利用することである。

そこで、まず双方が加入している保険の種類を洗い出し、保険会社に連絡して、保険会社同士で話をつけてもらうといい。その場合、一番都合がいいのは、両方とも同じ保険会社を利用していた場合。強制保険と任意保険とが一致していれば解決の途は早い。

保険のかけ方のノウハウとして、強制保険と任意保険を同じ会社にしておくことをすすめたい。賠償責任保険では任意保険は上のせ保険なのだから、強制保険と同じ会社だといろいろな点で便利である。

もし、ちがう会社だとすると、事故の内容、程度に応じて使いわけしなければならない。例えば強制保険はA保険会社、任意保険はB保険会社に入っていたとしよう。事故が強制保険の範囲でおさまりそうなときは、A保険会社とだけつきあえばよいが、強制保険の範囲でおきまらないときは、Bともつきあわなければならない。BとしてはAの結論を見た上でなければ、自分の見解を述ぺるわけにはいかないから、なんとなく、しっくりいかない。強制・任意ともに同じ会社にしておけば、そのへんはスムーズにいく。

さらに保険会社によってサービスがかなりちがう。セットされた自家用自動車保険では、人身事故について示談代行を行なっているが、人身事故以外の事故、特にクルマ同士の事故でも、サービスのよい会社では、相手との示談を事実上、代行してやってくれる。しかし、その場合は、むろん対物賠償保険か車両保険に入っていることが前提になる。

クルマ同士の事故には、過失相殺がつきものであり、その相殺率の判定や、どの種の保険をどのように利用するのがもっとも合理的かなど、かなりむずかしい専門的な問題があるので、保険会社に解決をまかせたほうが、よりスマートである。

保険会社は、先方が入っている保険会社と、会社同士話し合って解決するわけだが、このへんの処理は、かつては外資系の保険会社のほうが民族資本系よりも、よりテキパキとしているといわれた。しかし、最近は日本の保険会社も激しい競争関係にあるから、だいぶ改善されたようである。

蛇足かもしれないが、同じ日本の保険会社でも、やはり一流といわれるところと二流、三流のところではサービスがちがう。査定の額にも若干の格差があるようだし、大きな会社は、あまりセコセコしたことはいわない。「どこでも同じものだろう」とタカをくくらないでほしい。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top