交通事故被害者が直接保険会社に請求できる「被害者請求」とは?

交通事故被害者が直接保険会社に請求できる「被害者請求」とは? | 芸スポ速報 on TOPBUZZ保険はもともと契約者(加害者)のためのものである。契約者はまず保険料(か付金)を保険会社に支払い、事故から生じる損害を穴うめしてもらう制度である。だから賠償責任保険なら、契約者に賠償責任が発生してから、契約者から保険会社に保険金の支払を請求するのが建前(原則)であろう。

つまり加害者に賠償金を支払った後、その穴うめのために加害者から保険会社に「保険金を支払ってほしい」と請求するわげだ。

ところが、これは考えようによっては、ロスがある。被害者から加害者へ、加害者から保険会社へ、という請求のルートが流れ、逆にお金の流れは、加害者→被害者、保険会社→加害者、ということである。

このさい、思いきって加害者を抜いてしまってもそう問題はない。むしろ、加害者としては一時的にもフトコロが傷むこともなく、かえって便利なのではあるまいか、という考えがでてきたのだ。

また、加害者請求は、加害者から被害者への賠償金の支払いが前提になるから、加害者が被害者から賠償請求されても横着を決めこんで、一向に応じなかったり、逆に、局部的な話し合いがつかないため、賠償支払いがなされない場合は、困ってしまう。

その間にも、損害は時々刻々と発生していくのであって、加害者から支払ってもらえない被害者としては、時間とともに増大していく損害額におびえなければならない。そこで、自賠法は、被害者が直接、保険会社へ保険金の支払請求をする道を開いた(一六条)のである。

この被害者請求という制度は、もともと被害者保護の制度といわれた。加害者に誠意がなく、ぐずぐずしてなかなか損害を支払ってもらえない場合に、被害者から直接保険会社に請求できるのは被害者にとって大きな福音だったのである。

しかし、この制度には、被害者保護という意味だけでなく、加害者にとっても、被害者に自分のフトコロから支払った上で、保険会社に請求するというニ重の手間から解放されるという思わね効果もあるのだ。

だから、いまでは必ずしも加害者の不誠意ということでなく、昨今では両者とも話し合いの上で、「ひとつ、被害者請求でやっていただけませんか」「わかりました。私のほうから保険会社に直接請求しましょう」といった形で、合理的な運用が行われている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です