交通事故・示談テクニックと保険活用術

損をしない示談交渉、加害者・被害者のための知恵をご紹介します。

Read Article

バカ高い交通事故の治療に「健康保険」は使えるか?

バカ高い交通事故の治療に「健康保険」は使えるか?交通事故の治療費は安くない。ちょっとした事故だと、すぐ1OO万円、2OO万円といった額にのぼる。それは、病院が自由診療を行うからで、保険診療だったら、そんなに高額になるわけはない。

交通事故には健康保険は使えないと思いこんでいる人がいるが、そんなことはない。最初から「健康保険でお願いします」といえばよいのだ。ところが、病院側はたいてい「うちでは事故には保険診療はやりませんから…」と断わる。これは法的には根拠のないことだ。

しかし、患者としての弱味から、そういわれると「そうですか。では…」ということで、自由診療扱いに甘んじる。内心(どうせツケは加害者にいくんだ…)と思っている。しかし、自由診療だと治療代はどんどんかさみ、たちまち強制保険の限度額をハミ出してしまう。そのハミ出した分について加害者が文句をいわずにどしどし払ってくれればよいが、さもないと、とりあえず患者である被害者が払わなければならない

しかしこの段階で、健康保険への切り換えを申し入れると、病院側はだいたい受け入れてくれる。つまり自動車のほうの強制保険からとれるだけとったから、後は、被害者のフトコロがあまり傷まないようにしてやろう、というわけだ。

しかし、ここで健康保険への切り換えができるということは、最初からでも健保適用が可能だったハズであり、どうも、このへんの実情は正当に理解しにくい。いずれにしろ、被害者は、自分のフトコロを傷めないためには、加害者にツケを回さなければならず、加害者のほうで、そのツケを快くのんでくれなければ、健保適用を考えたほうがよい。

むろん健保でも差額ベッド分などは自己負担になるが、それでも自由診療からくらべればどれほどマシかわからない。もっとも、被害者はけっして健保でガマンしなければならないということではない。自由診療を望むのは自由である。

そしてその治療費は相当性が認められるかぎり、加害者が最終的に負担しなければならない。交通事故の治療に健康保険は十分に通用する。病院で明確に告げることである。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top