交通事故・示談テクニックと保険活用術

損をしない示談交渉、加害者・被害者のための知恵をご紹介します。

Read Article

友達が交通事故を起こした場合保険は下りるか?

友達が交通事故を起こした場合保険は下りるか?被保険者でない人が事放を起こした場合、保険金は出るのだろうか。

被保険者とは、わかりやすくいえば保険金を払ってもらえる人のことである。保険の契約を結ぶ人を保険契約者というが、保険契約者と被保険者は同じ人の場合もあれば、ちがう人の場合もある。

自動車保険では、保険証券に被保険者の名前を記入するので、それを記名被保険者と呼んでいる。クルマが事故を起こした場合、記名被保険者だけが事故の賠償責任を負うとはかぎらない。記名被保険者だけがクルマを運転するとはかぎらないからである。

そこで賠償責任保険については、記名被保険者の賠償責任だけでなく、これと特定の関係のある人についても、その賠償責任について広い範囲で保険が適用できるような仕組みになっている。その拡大された被保険者にはどんな人たちが入るのだろうか。

  1. 同居の親族
    記名被保険者の同居の親族で、クルマを使用または管理中の者。例えば息子などである。同居の息子がそのクルマで起こした事故については、賠償責任保険が使える。
  2. 許諾被保険者
    記名被保険者の許諾をうけてクルマを使用または管理中の者。例えば友人などである。友人にクルマを貸した場合は、その友人は記名被保険者からクルマの使用の許諾をうけた者だから、その友人が起こした事故については賠償責任保険が使える。ただ、もしこの友人が、別の友人に勝手にそのクルマを使わせたような場合、また借りした友人が起こした事故については保険は原則として使えない
  3. 使用人
    記名被保険者の使用人が業務上起こした事故については、被害者はふつう使用人個人ではなく、雇い主のほうに損害賠償の請求をする。しかし使用人個人を相手どって請求してきた場合でも、この使用人は許諾被保険者として保険を使うことができる。

これらに対して、保険が使えない場合として、修理工場やガソリンスタンドの従業員が、ユーザーのクルマを預っている最中に起こした事故などは、賠償保険は使えない。これは、修理工場やガソリンスタンドなどは、クルマを取り扱うことを業としている者で、そういう者が業務として保管まで引き受けたクルマを使用中、あるいは管理中に起こした事故なのだから、彼らが全責任を負うぺきで、ユーザーのクルマの賠償保険を使うわけにはいかない。

それではホテルに行って、クルマを預ける関係はどうであろうか。この場合はホテルマンは許諾被保険者と考えられるから、ホテルマンの起こした事故に対しては賠償保険が使える。もちろんお客の承諾なしに勝手にクルマをもち出したような場合はダメである。だから、クルマの管理をきちんとして、無断でクルマをもち出されて使われることのないように心がける必要がある。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top