交通事故・示談テクニックと保険活用術

損をしない示談交渉、加害者・被害者のための知恵をご紹介します。

Read Article

交通事故被害者の「治療のための温泉旅行」は治療費として認められるか?

交通事故被害者の「治療のための温泉旅行」は治療費として認められるか?事故の被害者が、治療のために温泉にいきたいといってきた。こんな場合、どうすればいいだろうか。そこで、強制保険の対象になるものは何かをあげてみたい。

まず、傷害事故の場合、とりあえず治療が最優先する。その治療関係費は、当然損害とみられる。つまり診察料、入院費、手術料、薬代(注射投薬も含む)、処置料、検査料などである。治療関係費でもすぺてが認められるわけではない。

例えば入院中の諸経費である。入院中さまざまな経費がかかる。それをいちいちノートにつけて請求する被害者がいる。確かに、いろいろな諸経費がかさむことは否定できない。しかし、だからといって病室に買いこんだテレビの代金のツケまで回されたのでは、加害者も保険会社もたまったものではない。だから入院中直接必要があると認められるものにかぎられる。

要するに損害の範囲は、事故と損害との聞に、むずかしい言葉でいえば相当因果関係がなければならない。その関係は①必要性②相当性③合理性といった三つのメガネにかけて、判断されなければならないといわれている。

強制保険の関係でいうと、これら三つの観点から損害査定要綱というコードがあって、それにしたがって査定が行なわれている。そこでは、温泉療養費も治療費のうちのひとつとして認められてはいるが、特に医師が温泉療養の必要を認め、その指導のもとに、医療機関の付属療養所か、それに準ずる施設で療養した場合にかぎられる

これは、けっしてノンビリと温泉を楽しむというフンイキではなくて、きびしい日課のもとに、療養としての温泉入浴にはげむのである。だから被害者が早合点して勝手に温泉地にとんでいって、そのツケを加害者や保険会社にまわしても、首を横にふられてしまう。

だから温泉療養にいきたいと思ったら、あらかじめ医師の診断を受け、その指示にしたがって行動する必要がある。医師が認めれば、文句なしに保険でも認められる。

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 以前私のHPで、そうだ温泉に行こう!リハビリ編と言うコメントをかきました。
    医師の判断?そんなもの関係ないですよ。
    私は、例えばいやな思いをしていて、心も体も癒しに是非温泉に行きましょうと言っています。
    もちろん費用は賠償金から払わせます。絶対に。
    簡単なことです。
    続きは ⇒ http://www.mag2.com/m/0001575426.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top