交通事故・示談テクニックと保険活用術

損をしない示談交渉、加害者・被害者のための知恵をご紹介します。

Read Article

知らないと恥ずかしい! 自賠償保険(強制保険)が下りないケースを解説!

知らないと恥ずかしい! 自賠償保険(強制保険)が下りないケースを解説!あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
新年一発目の今日はドライバーであれば知っていないと恥ずかしい強制保険(自賠償保険)を解説する。

強制保険というのは俗称で、正式には自動車損害賠償責任保険という。あまり長たらしいので、「自賠償保険」ということも多い。

さて、この強制保険はどんな場合にでるのだろうか。それは自賠法の三条が根拠になっている。自賠法三条は、「自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命又は身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる」と書いてある。賠償責任を填補(てんぽ)するための保険が強制保険なのである。そこで、この条文をもとに強制保険のでるとき、でないときを簡単に説明しよう。

  1. クルマの運行による事故であること
    運行というのは別に走行中にかぎらない。駐停車中の事故、暴走した場合の事故も含まれる。
  2. 人身事故であること
    人身事故にかぎられる。物件事故は含まれない。だから被害者がたまたま高価な品物をもっていても、その分は強制保険の対象にはならない。ただ眼鏡や入歯、義足などは身体の一部と考えられ、対象となる。
  3. 他人の損害にかぎられる
    賠償責任保険なのだから、他人の生命、身体を害した場合にかぎられ、同じ事故で加害者側(ドライバーなど)がケガしたりしても、これは対象にならない。他人であれば同乗者も含まれる。また妻や兄弟も他人である。
  4. 責任がなければ保険金はでない
    賠償責任保険なのだから責任がないところに賠償責任はありえず、賠償責任がない以上、賠償責任保険(強制保険)はでない。この場合の責任とは、運行供用者責任のことである。自賠法は責任の主体を運行供用者とした。運行供用者とは、わかりやすくいうと、オーナー・ドライバーみたいなクルマの保有者のことである。

    この運行供用者の責任は、単に雇われて人のクルマを運転する運転手の責任よりきびしく、事故を起こした以上、まず運行供用者責任をまぬがれるのは不可能に近いといわれている。しかし、不可抗力の事故でクルマに欠陥もないような場合には免責される。免責されれば強制保険もてない。被害者はヤラレ損となる。

  5. 故意の事故だと免責される
    保険契約者(たいてい運行供用者と一致する)や、ドライバーが故意に起こした事故については、保険金の支払いが免責される(自賠法一四条)。したがって被害者あて保険金はでない。保険の制度上、当然のことである。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top