広路優先の主張には、相手の安全運転義務違反を指摘すべし!

広路優先の主張には、相手の安全運転義務違反を指摘すべし! | 芸スポ速報 on TOPBUZZ信号のない十字路、交通整理の行われていない十字路では、車が交差点に入ろうとする場合、その進行中の道路の広さより、交差する道路のほうが明らかに広いときは徐行しなければなりません(道路交通法36条3項)。これを「広路優先」といいます。

これは、優先道路の場合でも、同じです。しかし、たとえ、広路といえども、道路交通法42条の徐行すべき場合からは除外されていません(優先道路は除外)。また、「広路優先」といっても、相手方の通行を妨げてはならない義務づけによるものだから、この優先を絶対視する必要はない、と主張する人もいます。

基本的には、たとえ広い道路を進行中の車でも、事故をおこして被害をうけた場合、安全運転義務違反が認められます。広路優先でも、安全運転義務、つまり徐行義務はまぬがれません(道路交通法36条4項)。しかし、明らかに広い道路を進行中の車のほうが過失が大きいとか、同等の過失があるとは主張できません。

もちろん、相手により大きな過失が認められれば別です。基本的には、狭い道路を走ってきた車に80%、広い道路を走ってきた車に20%の過失割合が課せられます。これに、速度や各種の状況を加味して、最終的な過失割合を決めます。

判決例をみてみましょう。幅員5メートルと4メートルの道路が交差する交通整理の行われていない、見通しの悪い交差点の事故で4メートルの道路側の車に70%、5メートルの道路側の車に徐行しなかったとして30%の過失を認めました(山形地判昭52.4.27)。交通整理の行われていない交差点での出会いがしらの事故で優先通行権のある被害車両にも、徐行する義務を怠ったとして20%の過失相殺をした例(大阪地判昭52・6・3)もあります。

加害車が優先道路を走っていて、被害車が駐車車両などがあって特に見通しの悪い状況にあったにもかかわらず、安全確認を怠ったため、交差点の出会いがしらに衝突した事故では、被害車に70%の過失相殺を認めています。とにかく、運転者には、非常に厳しい注意義務が課されています。

いったん事故をおこした場合、この義務違反をおかしたとみられます。たとえ被害者でも、多くの場合、過失が認められ、その程度によって過失割合が決められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です