自動車の事故による葬儀費用は90万から110万円程度!

自動車の事故による葬儀費用は90万から110万円程度! | 芸スポ速報 on TOPBUZZ自動車の事故による死亡はいつも突然です。残された遺族としては、悲しみのうちにも、せいいっぱいの葬式で送り出したいと思うのが人情です。この場合の葬儀費用は、基本的には、損害賠償の一つとして加害者側に請求されます。しかし、その額は交通事故による死亡の葬祭費として妥当な額であることが必要です。

ひと口に葬祭費といっても、その内訳は非常に細かく分けられます。典礼費、戒名(法名)料、お布施、供物料、花代、葬儀用写真代、火葬場使用料、霊枢車代、運転手への心付けなどがあります。さらに、追善供養料として百か日までの回向(えこう)料、四十九日、一年、三年などの法要時の費用、その家の新仏なら永代供養料、墓碑建立費、墓地買入代、管理費、仏壇仏具購入費なども必要です。

通常、遺族から加害者が請求される葬儀費用は、被害者および遺族の社会的地位、境遇、年齢、職業、土地の慣習、家柄、宗教などの事情を考慮し、遺族が被害者のために、身分相応の葬儀を営むに必要な費用およびこれに付随する諸費用です。

妥当な費用の割り出しは、葬祭費の個々の費用について検討する個別判定方式と、葬祭費として一括して一定額だけを認める定額方式とがあります。定額方式では、年齢、職業などに応じ、多少、弾力的に算定されます。結果的には、どちらの方式でも大差のない額になることが多いようです。

葬祭費はだいたい70~90万円、一家の大黒柱の場合で90~110万円、未成年者の場合で90万円くらいが妥当な額でしょう。現在葬儀を行いますと通常150万円前後の費用を要します。ところがその請求額が90万円から110万円というのでは納得しにくいところですが、これは人はいずれ死ななければならないもので、今事故で死亡しても、その葬儀により将来の死亡による葬儀料がなくなるのだから、交通事故による死亡ということにより早まった葬儀料として、この程度の額が妥当であろうという、考え方によるものです。

香典返し、弔問客接待費を葬祭費に含めて請求することは認められていません。以前は、百か日までの回向料や四十九日までの供養・接待費を認めた例がありますが、最近は、初7日までしか認めない傾向にあります。仏壇仏具購入費や墓碑建立費などは、社会通念上相当と認められる限度において加害者に請求できます。ただし、これは、交通事故による死者のためだけに使う場合に限り、家族や子孫をも祭るために使用するときは、請求できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です