交通事故・示談テクニックと保険活用術

損をしない示談交渉、加害者・被害者のための知恵をご紹介します。

Read Article

交通事故を起こしたらすぐに行う処置一覧!

交通事故を起こしたらすぐに行う処置一覧!日頃は冷静な人でも、いったん交通事故の被害にあうと、ろうばいしたり興奮して、適切な処置を忘れてしまいかねません。しかし、損害を最小限にとどめるためにも、冷静になることが望まれます。適切な措置と必要な手続きをとっておけば損害賠償の示談や裁判がもちあがった場合、客観的で正確な証拠を提出できます。

1.止血と119番

交通事故で出血したら、すぐに止血措置をとる必要があります。出血が激しいと気を失いかねません。出血量によっては、負傷の回復を遅らせます。一リットルも出血すると死の危険さえ出てきます。通行人や付近の人の援助を求めて、110番や119番に通報するとともに、十分止血の措置をとるべきです。そのためにも車を運転する人は、平素から止血など救急法を身につけておくべきでしょう。

頭や背骨を打ったり、足や腰をねんざした場合は、むりにからだを動かさないようにして、救急車を待ちます。むりをすると、症状が悪化しかねません。自分では軽いけがと思っても、必ず病院へ行って診察をうけ診断書をつくっておくべきです。後遺症が出ないとも限りません。

 

2.加害者の身元の確認

相手の身元は必ず確認しておかなくてはなりません。これは事故の大小にかかわらず必要です。あとで、意外に重傷だとわかった場合など、連絡先を知っておく必要があるからです。確認事項は、

  1. 加害運転者の住所、氏名、年齢(運転免許証によって確認)、
  2. 加害車両の保有者、自賠責保険会社名、証書番号、加入契約の年月日、車種、登録番号(保険証書によって確認)、
  3. 加害者の職業、勤務先の名称、その所在地、電話番号

などです。必ず、メモしておきましょう。加害者が運転免許証などの呈示を拒んだ場合は、加害車両のプレート番号、車種、塗り色などを確認し、110番してください。警察官が保有者を割り出してくれます。陸運局へ問い合わせてもわかります。また、任意自動車保険への加入の有無、その保険会社名と保険金額、加入契約番号もメモしておけば万全です。これらは後日警察でもわかりますが、直接硲認しておけばより確実です。

 

3.証拠の収集、現場保存への配慮

あとで加害者側と示談したり、裁判で争う場合、事故直後の正確な証拠書類や物品はたいへん役に立ちます。証拠を収集し、カメラやメモに、現場状況を記録しておくことが大切です。記録すべき事項は、

  1. 衝突した場所、衝突個所とその程度、
  2. スリップ跡の程度、
  3. 被害者、自動車の転倒位置、破損物件の散乱状態、
  4. 事故現場および付近の交通状況(道路の広狭、信号機の有無、交差点・横断歩道・横断歩道橋の有無とそこまでの距離)

などを、くわしく記録します。

 

4.警察への届け出

警察への届け出は加害者の義務です。しかし、加害者の中には、被害者に「損害賠償は誠意をもって払う。警察への届け出は見逃してくれ」と頼みこむことがよくあります。刑事処分や免許の取消し・停止などの行政処分を免れようというわけです。

こういうとき一瞬でも仏心をおこすと、あとで悪質な責任回避をはかられかねません。一生悔いを残すことも。そのようなことのないよう、被害者は、事故を自分から届け出て、警察(交通安全運転センター)から事故証明をもらっておくようにすべきです。

 

5.重傷の場合にはどうするか

証拠収集、現場保存への配慮をしたいと思っても、被害者が重傷で身動きもできなかったり即死状態ではできない相談です。こんな場合は同乗者がいてこの人ができるなら別ですが、その人もまた重傷などの場合は仕方のないこと、加害者の良心的な事後措置に期待すべきでしょう。目撃者もなく通行人にも助けを求めることが出来ないならば、入院なり治療のおちついた時点で事故を扱った警察署の交通係員にきいて下さい。もしその警察官が捜査中だから、と教えてくれなかったら、その警察の交通課交通事故相談係に相談して下さい。教えてくれるはずです。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top