【文芸】<小林よしのり>「大人の読解力も圧倒的に落ちている」「将来AIに負けるものばかりになるだろう」

【文芸】<小林よしのり>「大人の読解力も圧倒的に落ちている」「将来AIに負けるものばかりになるだろう」 | 芸スポ速報 on TOPBUZZ

1 :2019/01/01(火) 22:12:48.94 ID:CAP_USER9.net

新井紀子著『AI vs.教科書が読めない子どもたち』を読んだ。

AIは意味を理解できない、シンギュラリティは来ない、AIは東大に合格できない、常識の壁があることが、数学者の説明によって、しっかり理解できた。
素晴らしい本だ。

だが、それでもAIによって、ホワイトカラーの職業は間もなく半減することは避けられない。
将来はAIに出来ない職業を勝ち取るしかないのに、今の中高生の学力はAIよりも劣る。

その原因は「読解力」が驚異的に落ちているからだ。
読解力を向上させなければ、将来、AIに負けていく者ばかりになるだろう。

これは子供に限ったことではなく、大人の読解力も圧倒的に落ちている。
ツイッターの文字数くらいしか読めないのだろうし、何しろ言論人の中にまで、読解力のなさが甚だしい者がいる。

本書は途中で数学の問題を出される分、速読が出来なくて、読むのに時間がかかってしまった。
だが、AIに関する疑問が解けて、ありがたい本だった。

小林よしのり2019年01月01日 17:51
https://blogos.com/article/348689/

漫画家の小林よしのり氏(2014年撮影)

90 :2019/01/01(火) 23:17:00.90 ID:IsIfvHc90.net

小林さんの世論を読む能力もかなり落ちているけどね。
ネットのオモチャとして弄られる以外の価値がない。
裸の王様 気がつきないのは本人のみ。

228 :2019/01/05(土) 01:56:04.20 ID:Vz0rmA8t0.net

>>177
AIは善悪は判断できないから
ネットで学習させると
ネットの多数派の言葉を真似るようになるんじゃないの

148 :2019/01/02(水) 02:57:17.42 ID:Jkmm22Yl0.net

だから必要だった。

141 :2019/01/02(水) 02:17:58.51 ID:FPbjCD/jO.net

>>1
漫画読めてるから大丈夫だと思う

180 :2019/01/02(水) 07:05:51.74 ID:jr4e/EhX0.net

黙ってマンガ描いてろよ・・・

200 :2019/01/02(水) 19:29:32.62 ID:gXlYVIyQ0.net

>>1
今後男女で正規雇用を奪い合うのは日本崩壊のシナリオになるかも知れんな。
そして外国人労働者を入れることによる人口増加政策は人類にとって最も最悪な愚策になるかも知れんな 。

企業のロボット化や無人化などが現代でも進んでいるが、
今後その流れは止まることなく益々進んでいくだろう 。
そうなると人間の就ける仕事は加速度的に激減していく 。
数十年後の世界の就業キャパシティはどうなっているのか 。
人類の大半がブルーカラーであることを考えれば単純労働がロボット化や無人化に切り替わっていくわけで、
つまりブルーカラーが一番最初に淘汰されることになる 。
そのうち介護ロボットや果てはアンドロイドみたいなものも出来るだろうし、
ネットショッピングが進化し続けリアル店舗は激減するだろう 。
物流など配送も無人化するかもしれない 。
工場の生産過程もほぼ人間の手がいらなくなる未来も近いだろう 。
そうなるとどうなるか 。
人口を沢山かかえる国は国民に仕事を与えることが出来なくなる 。
食料問題はバイオテクノロジーの進化によって満たされるかもしれないが、
人間の持っている生きる意欲は仕事に従事することによって担保されるわけで、
その仕事を与えることが出来ないということになれば、
その国は滅ぶだろう 。

183 :2019/01/02(水) 07:29:08.46 ID:SPbL6T5M0.net

>>48
難解なストーリーならいいんだけど
破綻してるやつ大杉

24 :2019/01/01(火) 22:30:02.98 ID:JfKpCwvE0.net

骨法のインチキ親父とかAKBとかこのオッサン胡散臭過ぎるだろ

74 :2019/01/01(火) 22:56:30.34 ID:CRtTiBbP0.net

一日交差点に立って人や車を見てれば分かる

89 :2019/01/01(火) 23:14:40.61 ID:ohd0xMr10.net

>>6
そもそも語網ってなにw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です