【サッカー】<C・ロナウド>ルーニーとの“不仲説”は本当か? 12年前の真実を告白!「イングランドに戻るのが怖かった…」

【サッカー】<C・ロナウド>ルーニーとの“不仲説”は本当か? 12年前の真実を告白!「イングランドに戻るのが怖かった…」 | 芸スポ速報 on TOPBUZZ

1 :2018/11/06(火) 06:43:19.77 ID:CAP_USER9.net

写真

今夏の移籍市場を最も賑わせたのは、約9年間に渡って蜜月関係を築いたレアル・マドリーとの別れを決断し、ユベントスへ電撃移籍したC・ロナウドに違いない。33歳ながら移籍金1億1700万ユーロ(約153億円)、推定年俸3000万ユーロ(約39億円)と、超破格の待遇で迎え入れられたのである。

 しかし、その待遇に見合うだけの活躍を目に見える形で残すのが、稀代のスーパースターたる所以だ。

 初のイタリア挑戦とあってか、開幕から3試合は今ひとつの出来に終わっていたが、4試合目のサッスオーロ戦(セリエA4節)で初ゴールを決めると、そこからは7試合で5ゴール・5アシストと荒稼ぎ。ここまで早くも計7点をマークしている。

 そんなカルチョでも異彩を放つC・ロナウドは、この度、英国でサッカー選手に焦点を当てたドキュメンタリーを制作しているメディア『Goal hanger』が公開した動画に登場。そこでマンチェスター・ユナイテッド時代の盟友であるウェイン・ルーニーとの再会を口にした。

 ユナイテッドでは自身の2年先輩にあたるルーニーについてC・ロナウドは、「彼は本当に素晴らしい選手だ」と話し、さらに当時の思い出を回想した。

「彼は決して止まらず、常に走って、ゴールを決めてチームを助けてくれた。ボールを失ったときは力強く奪い返していたことは忘れられないよ。本当にタフだったから、僕らはみんなで『ピットブル(闘犬)』なんて呼んでいたよ」

 結局、二人はC・ロナウドがマドリーへ移籍する2009年6月までの約6年間に渡ってユナイテッドの最前線で奮闘し、ユナイテッドで黄金期を築いたわけだが、そのキャリアにおいて、一時期、“不仲説”が囁かれた時もあった。

 発端となったのは、両雄が激突した2006年のドイツ・ワールドカップ準々決勝での一幕だ。この試合にイングランド代表のエースとして臨んでいたルーニーは、62分に相手DFのリカルド・カルバーリョの股間付近を踏みつけてしまったことで一発退場を命じられてしまう。問題はここからだった。

 ルーニーがファウルを犯した際にC・ロナウドが主審に詰め寄り、カルバーリョが蹴られたことを猛アピール。さらにその後、C・ロナウドがベンチへウインクする姿がカメラに捉えられ、「意図的に退場させようとしたのでは?」と話題を呼んだのだ。

つづく

11/6(火) 5:42 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181106-00049875-sdigestw-socc

8 :2018/11/06(火) 07:10:51.06 ID:rXgxdcuS0.net

ルーニーが禿げてきた時に物凄く煽ってたじゃねーかw

10 :2018/11/06(火) 07:13:49.46 ID:J16CHfPQ0.net

ハゲしい恐怖に襲われたんだ

27 :2018/11/06(火) 09:16:57.04 ID:vTU5vZg50.net


これルーニーか

20 :2018/11/06(火) 07:41:57.46 ID:RHQgwxoZ0.net

神戸は次はルーニーでも取りに行ってくれ
ロッベンも見たいな

16 :2018/11/06(火) 07:28:06.39 ID:h/5tSkqU0.net

何の試合か忘れたけどクリロナが得点決めたあと
ルーニーにおらああああボケこらあああ!みたいな感じで頭突きみたいなのやってたよな

24 :2018/11/06(火) 08:16:57.68 ID:GZwpeloJ0.net

ルーニーと並ぶとやっぱりロナウドは白人じゃなくラテンや黒人の血が流れてるのがよく分かるな

9 :2018/11/06(火) 07:13:38.83 ID:VpY7D3FH0.net

コイツって湘南乃風のファンのやつ?

14 :2018/11/06(火) 07:22:32.24 ID:f7PksLli0.net

当時のロナウド細っ

5 :2018/11/06(火) 06:45:28.34 ID:+9BFMIV50.net

ロナウドいなくなってレアル・マドリードは大丈夫なのか?
勝ってる?

30 :2018/11/06(火) 13:11:44.76 ID:dvy1so7j0.net

ルーニーはたった1年でエヴァートンを退団したのビックリしたわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です