【プロ野球】金本監督の責任は重い かつての暗黒時代に似通う(日刊スポーツ)

【プロ野球】金本監督の責任は重い かつての暗黒時代に似通う(日刊スポーツ) | 芸スポ速報 on TOPBUZZ

1 :2018/10/10(水) 21:58:19.91 ID:CAP_USER9.net

<記者の目>

4日のヤクルトに敗れ、阪神のクライマックスシリーズへの道は断たれた。金本監督の責任は重い。いったい、この3年間で、何が残ったというのだろうか。

「過去3年間のチームのなかで、いちばん強い」と手応えを語ったが、大いなる読み違いだった。期待したファンの失望感は計り知れない。

「超変革」を掲げた1年目は4位。「挑む」の昨季は広島に10ゲーム差をつけられての2位だった。今シーズンは「執念」を示すことができなかった。

チーム勝率4割4分は、現時点において、金本監督が指揮をとった3年間でもっとも低い。戦力的に見劣りしなかっただけに最下位は考えられない。

大型補強に踏み切った新外国人ロサリオの不振が低迷の象徴だ。新体制になった球団フロントも優勝を疑わなかったが、絵に描いた餅だった。

最後までセンターラインは固定できなかった。広島、西武などは、若手の「4番」が育ったが、阪神の場合はFA、外国人に頼らざるを得ない状況が続いている。

助っ人がこけると悲惨な結果に陥ったのは、かつての“暗黒時代”と似通っている。投手ではメッセンジャーに次ぐ若きエース候補の育成は急務のはずだがかなわなかった。

投打にわたって若手が継続して伸びないことで、戦力アップにつながるはずはなかった。果たして球団主導で行われるべき指導役のコーチ人事は的確だったのか。

特に、シーズン後半になって、身内のコーチが練習中、今から一戦を交えるというのに、相手チームのコーチと話し込む光景には違和感を覚えた。

それは、打撃練習の真っただ中、さらに試合開始寸前のウオーミングアップ中など、幾度も見受けられた。戦いに出る選手はどう思っただろうか。

厳しく戦闘姿勢を示しながらリーグ優勝した星野監督、岡田監督らが率いた時代では考えられない。チームの緩みとも受け取れるシーンは、金本監督の求心力低下を感じさせた。

阪神が負け越した巨人の大刷新をはじめ、どのチームでもてこ入れが断行される。阪神も当然そうだろうが、同じ轍(てつ)を踏まないためにも、中長期ビジョンを描きながら、的確なチーム作りを望みたい。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201810050000014.html

58 :2018/10/11(木) 13:27:52.34 ID:CjGbme6Z0.net

金本って全然我慢ができないんだよな、高橋は岡本を我慢して使ったのに

4 :2018/10/10(水) 21:59:48.55 ID:uJNBRSVc0.net

この記事が出るって状況はどのくらいヤバイの?
観測気球ってやつ?

59 :2018/10/11(木) 13:36:54.15 ID:h265UZkk0.net

やめるわよ

17 :2018/10/10(水) 22:18:42.63 ID:k7RY+O/a0.net

やっぱ指定席は落ち着くな

52 :2018/10/11(木) 07:41:06.95 ID:O1/3iQvY0.net

>>24
1987 吉田義男 6位
1988 村山実  6位
1989 村山実  5位
1990 中村勝広 6位
1991 中村勝広 6位
1992 中村勝広 2位
1993 中村勝広 4位
1994 中村勝広 4位

1995 中村勝広 6位
1996 藤田平  6位
1997 吉田義男 5位
1998 吉田義男 6位
1999 野村克也 6位
2000 野村克也 6位
2001 野村克也 6位

49 :2018/10/11(木) 05:15:31.28 ID:QnlqOoEL0.net

年俸を下げるために起用されてんじゃねーの?

34 :2018/10/10(水) 23:33:36.05 ID:+c5jCRvE0.net

金本スレ乱立。人気あるな

9 :2018/10/10(水) 22:03:50.73 ID:Usrshq6h0.net

古参には懐かしいやろ

36 :2018/10/10(水) 23:44:34.32 ID:VB3L3YZO0.net

そうわね

20 :2018/10/10(水) 22:33:37.50 ID:/Z0G8dEP0.net

>>14
本拠地に近いところじゃダメだな。
タニマチがすぐ遊ばせるし。

ソフトバンクや広島は町から遠いところに二軍三軍の練習場を作ってるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です