【相撲】貴乃花応援会が公式サイトで声明 全ての一門受け入れOK報道にも反論 ★2

【相撲】貴乃花応援会が公式サイトで声明 全ての一門受け入れOK報道にも反論 ★2 | 芸スポ速報 on TOPBUZZ

1 :2018/09/29(土) 15:14:36.96 ID:CAP_USER9.net

日本相撲協会に退職届を提出した貴乃花親方(46=元横綱)をめぐる報道について、「貴乃花応援会」が29日、公式サイトで一部を否定し、注意をうながした。

「弟子達との関係、手続きの不備、支援者との関係等の中傷報道について」と題し、「弟子達との関係について」「貴乃花親方の誤解、説得に応じなかったというような報道」
「書類の不備に関して」「支援者との関係や孤立無援との報道」の4点について報道と事実の相違を説明した。

「弟子たちとの関係について」では、「貴乃花親方が貴公俊への”かわいがり”をしたとの内容」「貴ノ岩のPTSDの原因は貴乃花親方にあるというような内容」
「弟子が祝杯を挙げるのではという飛躍した推測」の報道の内容を否定。
「貴乃花親方自身は、弟子たちの為にも協会とは争わず、立つ鳥跡を濁さず、
という姿勢で引退を表明しましたが、弟子達との関係を悪く見せようとする報道は誠に残念です」とした。

さらに、全ての一門が受け入れOKだったとの報道には「一部報道では、貴乃花親方が説得を圧力と誤解をしていた、全ての一門が受け入れOKだった、とする内容で、
親方にも非があるような報道をしていますが、そもそも告発状が事実無根であること認めさせようとした説得行為自体が問題」と指摘。

書類不備のため、引退届が受理されなったことには「引退届や所属先変更願の書類の不備が指摘されていますが、
引退という表現も所属先の変更も法的には何ら問題のない内容と考えられます。
貴乃花親方を不器用で、こうした手続きもできないような印象を与えようとしているように見受けられます」とし、
「実際の貴乃花親方は聡明で器用な方です。信念を曲げず、正義を貫くのが不器用でしょうか?器用というのは、権力に屈し、不正に屈し、嘘をつくことでしょうか?それは違います」と訴えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000096-spnannex-spo
9/29(土) 11:27配信

前スレ                       2018/09/29(土) 13:34
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538195672/

181 :2018/09/29(土) 15:50:26.88 ID:BxDY0j3Z0.net

>>164
いじめんぞって言いたかってん

990 :2018/09/29(土) 18:39:22.63 ID:2o3o94290.net

貴乃花応援会って5ちゃんでも絶賛活動中だな
似てる主張がちらほら

884 :2018/09/29(土) 17:57:16.23 ID:AuVn5sas0.net

>>874
双子の上座側嬉しそうだなw

512 :2018/09/29(土) 16:33:59.97 ID:pYBbJ8V/0.net

>>486 負けた直後にウルフは はい?引退?一回負けただけで?何を言ってんですか?
翌日、涙ながらに貴乃花との対戦で体力の限界を感じました。

協会の筋書きだが、続けたかったウルフに漢気を見たのでは?

601 :2018/09/29(土) 16:49:15.40 ID:NF1eCEE40.net

(1)署名による筆跡・筆圧などは署名人により異なるため、署名の真贋を問われる問題が発生したときは筆跡鑑定をすることで、
たとえ署名人が存命していなくても、第三者により署名と署名した本人との真正を推定することができると、
民事訴訟法第229条、筆跡等の対照による証明 に規定されています。

(2)民事訴訟法第228条、文書の成立 第4項 にて「私文書は、本人又はその代理人の署名又は押印があるときは、
真正に成立したものと推定する」との推定規定が設けられています。

※法的な証拠能力 >>> はNG(コピー含み)

620 :2018/09/29(土) 16:51:12.69 ID:NcKfVJ9G0.net

(1)署名による筆跡・筆圧などは署名人により異なるため、署名の真贋を問われる問題が発生したときは筆跡鑑定をすることで、
たとえ署名人が存命していなくても、第三者により署名と署名した本人との真正を推定することができると、
民事訴訟法第229条、筆跡等の対照による証明 に規定されています。

(2)民事訴訟法第228条、文書の成立 第4項 にて「私文書は、本人又はその代理人の署名又は押印があるときは、
真正に成立したものと推定する」との推定規定が設けられています。

※法的な証拠能力 >>> はNG(コピー含み)

472 :2018/09/29(土) 16:27:18.14 ID:BxDY0j3Z0.net

(1)署名による筆跡・筆圧などは署名人により異なるため、署名の真贋を問われる問題が発生したときは筆跡鑑定をすることで、
たとえ署名人が存命していなくても、第三者により署名と署名した本人との真正を推定することができると、
民事訴訟法第229条、筆跡等の対照による証明 に規定されています。

(2)民事訴訟法第228条、文書の成立 第4項 にて「私文書は、本人又はその代理人の署名又は押印があるときは、
真正に成立したものと推定する」との推定規定が設けられています。

※法的な証拠能力 >>> はNG(コピー含み)

368 :2018/09/29(土) 16:11:30.57 ID:0/Jy0dov0.net

(1)署名による筆跡・筆圧などは署名人により異なるため、署名の真贋を問われる問題が発生したときは筆跡鑑定をすることで、
たとえ署名人が存命していなくても、第三者により署名と署名した本人との真正を推定することができると、
民事訴訟法第229条、筆跡等の対照による証明 に規定されています。

(2)民事訴訟法第228条、文書の成立 第4項 にて「私文書は、本人又はその代理人の署名又は押印があるときは、
真正に成立したものと推定する」との推定規定が設けられています。

※法的な証拠能力 >>> はNG(コピー含み)

132 :2018/09/29(土) 15:41:49.70 ID:BQ8IV+zH0.net

(1)署名による筆跡・筆圧などは署名人により異なるため、署名の真贋を問われる問題が発生したときは筆跡鑑定をすることで、
たとえ署名人が存命していなくても、第三者により署名と署名した本人との真正を推定することができると、
民事訴訟法第229条、筆跡等の対照による証明 に規定されています。

(2)民事訴訟法第228条、文書の成立 第4項 にて「私文書は、本人又はその代理人の署名又は押印があるときは、
真正に成立したものと推定する」との推定規定が設けられています。

※法的な証拠能力 >>> はNG(コピー含み)

646 :2018/09/29(土) 16:56:11.20 ID:Nit8XCL90.net

(1)署名による筆跡・筆圧などは署名人により異なるため、署名の真贋を問われる問題が発生したときは筆跡鑑定をすることで、
たとえ署名人が存命していなくても、第三者により署名と署名した本人との真正を推定することができると、
民事訴訟法第229条、筆跡等の対照による証明 に規定されています。

(2)民事訴訟法第228条、文書の成立 第4項 にて「私文書は、本人又はその代理人の署名又は押印があるときは、
真正に成立したものと推定する」との推定規定が設けられています。

※法的な証拠能力 >>> はNG(コピー含み)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です