【サッカー】悪夢の骨折”で引退も考えたイングランド代表DFが告白「僕は足を失うところだった…」

【サッカー】悪夢の骨折”で引退も考えたイングランド代表DFが告白「僕は足を失うところだった…」 | 芸スポ速報 on TOPBUZZ

1 :2018/09/05(水) 23:58:44.12 ID:CAP_USER9.net

マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表DFルーク・ショー(23)は、2015年の深刻な負傷で現役引退も考えたようだ。英『スカイ・スポーツ』が報じている。

ショーは2015年9月15日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第1節PSV戦で、DFエクトル・モレノのスライディングを受けた際に右足を骨折。そこから2016年7月に実戦復帰を果たすまで、約10か月の間、長期離脱を強いられた。

しかし、復帰を果たすもなかなか調子が上がらなかったショー。クラブでの出場機会も減り、ジョゼ・モウリーニョ監督から辛辣な批判を受けるなど、辛い日々を過ごした。それでも、ユナイテッドに残ったショーは、今季ここまでプレミアリーグ4試合すべてに先発出場。開幕節レスター・シティ戦で決勝点を決めるなど、昨季までの不調が嘘のような活躍をみせている。

 悪夢の負傷を改めて振り返ったショーは、「サッカーをやめることを考えなかったといえば、嘘になってしまうね」と告白。それでも、思いとどまったのは、家族や友人の存在だったという。「ほとんど足を失うところだった。文字通りにね。そのことは、6か月後に医者が伝えるまで僕は全く知らなかった。僕にはたくさんのすばらしい友人や家族がいる。彼らの存在が本当に助けになったよ」と感謝した。

「僕はサッカーがしたい。それもできる限り大舞台でプレーして、トロフィーをつかみたいね。それが今の僕のモチベーションさ。今まで言ってきたように、世界で最高のディフェンダーの1人になりたいと思っているよ」

 完全復活を遂げたショーは、イングランド代表復帰も果たした。「僕の右足は負傷する前とまったく同じように動く。調子はすごくいいね。当時の自分だったら次のレベルに行くことはできなかった。あのときケガをしたことで僕は子どもから大人になった。そう考えているよ。やっとイングランド代表にも復帰できた。この調子でプレーしていかなければならないし、批判は甘んじて受け入れるつもりさ」と語り、精神的にも強くなったようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-01774349-gekisaka-socc

5 :2018/09/06(木) 00:25:18.56 ID:QFRGkrMZ0.net

よく治ったな

4 :2018/09/06(木) 00:06:11.15 ID:R+OEFznC0.net

あぶないあぶない

7 :2018/09/06(木) 00:41:42.68 ID:H2xwgeCZ0.net

誰だよ

13 :2018/09/06(木) 01:42:45.33 ID:anvOcubR0.net

田中達也は骨折した時に足が反対に曲がってたんだっけ
あの怪我で完全に劣化したよな。あれさえなければ大久保や松井並みに活躍出来ただろうに

9 :2018/09/06(木) 01:17:34.11 ID:gPZXZPYl0.net

>>5
怖い怖い怖い!

6 :2018/09/06(木) 00:38:56.26 ID:kwYBeSD70.net

オーウェンかとおもた

8 :2018/09/06(木) 00:49:45.59 ID:FqqgIdeD0.net

>>5
ぎゃーーーーーーーー

11 :2018/09/06(木) 01:25:42.73 ID:d5xQeo9V0.net

スレタイのイングランドがインスタグラムに見えた

12 :2018/09/06(木) 01:27:04.18 ID:4encSylM0.net

スレタイのイングランドがインスタグラムに見えた

10 :2018/09/06(木) 01:20:55.93 ID:8wmWk7n+0.net

スレタイのイングランドがインスタグラムに見えた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です